N・ASSET Berry

スマホメニュー
メールでのお問い合わせはこちら berry@n-asset.com
お電話でのお問い合わせはこちら 044-382-0200
無料相談はこちら
会員登録はこちら

スタッフブログ

不動産投資は1日にして成らず 最良の果実 を得るために

不動産投資は1日にして成らず 最良の果実 を得るために

株式投資をする際に知っておきたい3つの指標【PER・PBR・ROE】

関連制度・お役立ち情報

マーケット

ネットや新聞で企業の株価を調べるとき、さまざまな指標が出てきます。これらの指標は、その時点で株価が割安・割高かどうかの判断基準を示すなど、現状把握や今後の動きを予測することに役立ちます。

今回は、PER・PBR・ROEについてご紹介します。

 

PER(株価収益率)=「企業の利益に対して、株価が安いのか高いのか」を分析

PERとは、「企業の利益」と株価を比較することで、株価の水準を確かめる指標です。EPS(1株当たりの当期純利益)の数値を基に、割り出すことができます。

 

EPS(1株当たりの当期純利益)=当期純利益÷発行済み株式総数

PER(株価収益率/倍)=株価÷EPS(1株当たりの当期純利益)

 

例えば、株価1,800円、EPS100円の企業A社のPERは、

 

A社:株価1,800円÷EPS100円=PER18倍(予想)

 

となり「A社は、18年分の利益で今の株価を回収できる」ことが分かります。

基本的に、PERが低いと株価が割安、高いと割高であると判断ができます。一般的な目安としては、20倍以下なら割安、20倍以上なら割高とされています。

発展が見込める業界に対しては、PERが高くなり、成熟した業界は低くなるという傾向がありますが、景気によっても左右されます。

株式を購入する際は、「PERが低いから、割安で買い時だ!」と数値だけで判断するのではなく、業界・景気の動向、そして企業の成長性を見ることが大切です。

 

PBR(株価純資産倍率)=「企業の純資産に対して、株価が安いのか高いのか」を分析

PBRとは、「企業の純資産」から見て株価が割安か割高かを判断する指標です。現在の株価がBPS(1株当たりの純資産)の何倍かを割り出すことで、「企業が解散した場合、投資家の手元に残る価値」を示します。

 

BPS(1株当たりの純資産)=純資産÷発行済み株式総数

※純資産(自己資本)は、貸借対照表の「純資産の部」にて示される

PBR(株価純資産倍率/倍)=株価÷BPS(1株当たりの純資産)

 

例えば、株価1,800円、BPS900円の企業A社、株価2,000円、BPS2,500円のB社のPBRは、

 

A社:株価1,800円÷BPS900円=PBR2倍

B社:株価2,000円÷BPS2,500円=PBR0.8倍

 

となります。PBRが低いと株価が割安、高いと割高であると判断ができ、この場合、A社は割高、B社は割安であることが分かります。

B社を例にとってみると、この会社に投資した株主は1株2,000円で投資をしたのちに企業が解散したとしても、2,500円の資産が残ります。最終的に、株主には500円分の利益が出ます。

このように、PBR1倍以下の株式は割安であると判断されますが、企業が何かしらの問題を抱えている可能性もあるため、買い時であるとは一概にはいえません。

 

ROE(株主資本利益率)=「株主資本を使ってどのくらい利益を上げたのか」を分析

 

ROEとは、株主資本を使って、企業がどのくらいの利益を上げたのかが分かる指標です。経営の効率性を示す指標とも言われています。

計算式は、

 

ROE(株主資本利益率/%)=当期純利益÷株主資本×100

 

または、

 

ROE(株主資本利益率/%)=EPS(1株当たりの当期純利益)÷BPS(1株当たりの純資産)×100

 

となり、ROEが高い企業ほど株主資本を効率よく使い、利益を上げていることとなり、低い企業は経営能力が低いと判断されます。一般的にはROE10%以上の企業が投資に値すると言われています。とはいえ、この数値は、純資産が小さいと高めになるということもあり、ROEだけを見て投資判断をするのは、リスクを伴います。

 

PER・PBR・ROEの関係性は?

 

前述の計算式を総合すると、

 

ROE(株主資本利益率)=PBR(株価純資産倍率)÷PER(株価収益率)×100

 

という計算式が導き出されます。つまり、3つの指標のうち、2つが分かれば、もうひとつの数値を割り出すことができます。

3つの関係性で見ていくと、ROEが高くなれば、PERは低くなり、株価は割安だと判断されます。すると、投資家が株を購入し、株価が上昇する可能性が高まると予想されます。

 

 

このように、株式を購入する際には、指標の数値だけを見るのではなく、各指標で同業他社と比較したり、企業の成長性や景気動向を見るなど、総合的な視点を持って判断するのが肝要であるといえそうです。

 

 

当社では、不動産投資を中心とした総合的な資産運用・相続対策のサポートサービスをしております。ご質問やご相談などありましたらどうぞお気軽にお問い合わせください。

 

エヌアセットBerryのお問合せページはこちら

→「当社が考える不動産投資」はこちら

→お客様の声はこちら

2018年11月14日

関連制度・お役立ち情報

マーケット