N・ASSET Berry

スマホメニュー
メールでのお問い合わせはこちら berry@n-asset.com
お電話でのお問い合わせはこちら 044-382-0200
無料相談はこちら
会員登録はこちら

スタッフブログ

不動産投資は1日にして成らず 最良の果実 を得るために

不動産投資は1日にして成らず 最良の果実 を得るために

個人消費を読み解く!チェックしておきたい国内の経済指標4つ

関連制度・お役立ち情報

マーケット

日本のGDP(国内総生産)を支出面からみると、その約6割が個人消費によるもの。景気動向を把握するには、個人消費の動向をつぶさに見ていくことが不可欠です。

今回は、各省庁から発信されている、代表的な経済指標を4つご紹介します。

 

家計調査/総務省統計局 

【調査内容】

対象世帯の収入・支出、貯蓄・負債などを毎月調査。

 

【調査対象者】

全国9,000世帯のうち、

・毎月:二人以上の世帯

・四半期ごと:単身世帯・総世帯

に対して調査する。

 

【調査データから分かること・留意点】

「消費者側」である世帯を調査対象としているため、個人消費をつかむ材料となる。ただし、サンプル数が少ないため、信ぴょう性に欠けるのが欠点。

 

商業動態統計(小売販売額)/経済産業省 

【調査内容】

毎月、小売販売額や業種別内訳の動向を調査。速報を実施の翌月下旬、確報を翌々月中旬に公表している。

業種内内訳は

・各種商品小売業

・織物・衣服・身の回り品小売業

・飲食料品小売業

・自動車小売業

・機械器具小売業

・燃料小売業

・医療品・化粧品小売業

・その他小売業

・無店舗小売業

の9つ。

 

【調査対象者】

全国の卸売業・小売業(うち代理商,仲立業を除く)、事業所、約18,000

 

【調査データから分かること/留意点】

個人消費の推移を販売額から見ることができる。業種間の特徴や動きの差を数字で俯瞰できる。

 

旅行業者取扱額/観光庁 

【調査内容】

主要旅行業者の取扱額を月ごとに取りまとめ、対象月の翌々月末頃に公表している。

総取扱額(主要旅行業者の合計)と3区分(国内旅行・海外旅行・外国人旅行)の内訳が、前年同月比とともに示される。

 

【調査対象者】

主要旅行業者50社(2017年12月現在)

 

【調査データから分かること/留意点】

法人需要が含まれるため、景気に過敏に反応しやすい。100%個人消費のデータではないことに留意したい。また、海外旅行についてはテロ発生など国際的な事件・事故の影響を受けやすいため、前月比だけを見るのではなく、3~4か月単位で見ていくことがおすすめ。

 

景気ウォッチャー調査/内閣府

【調査内容】

地域ごとの景気の動向(家計動向・企業動向・雇用など)を敏感に感じている業種の人を対象に調査。

対象者には、3か月前と比べた景気の「現状判断」、2~3か月先の「先行き判断(見通し)」について5段階で評価してもらい、指数化して、DI(ディフュージョン・インデックス)として公表される。50を上回ると景気の現状や見通しがよく、下回るとそれらが悪いとの判断になる。

 

【調査対象者】

タクシーの運転手、飲食店の経営者、コンビニエンスストアの店長など、「地域ごとで景気を肌で感じている業種の人」2050人が選出される。

 

【調査データから分かること/留意点】

調査結果を1週間後に公表しており、速報性が非常に高い。「街角景気指数」とも呼ばれる。

 

 

個人消費を把握するには、複数の経済指標を俯瞰してみるのがベストな方法です。

この4つの指標を軸に、分析・把握してみてはいかがでしょうか?

 

 

当社では、不動産投資を中心とした総合的な資産運用・相続対策のサポートサービスをしております。

ご質問やご相談などありましたらどうぞお気軽にお問い合わせください。

 

エヌアセットBerryのお問合せページはこちら

→「当社が考える不動産投資」はこちら

→お客様の声はこちら

2018年08月01日

関連制度・お役立ち情報

マーケット